2007年07月07日

NANAが人気?

7月7日。
こんなイベントがあったらしいです。
707 International NANA Day Philippines
フィリピンでNANAって流行ってるの?
知名度ゼロだと思ってるけど。

ライブって、いったい何を歌うんだ。
中島美嘉の歌とかコピーするのかな。日本語で?
コスプレコンテストとかイラストとか・・・w
非常に興味ありましたが、他の予定があったので断念。

このイベント世界各国でやったらしいです。すごいよNANA!
私もNANAのためにCookieを買い始めて6年経ちます。
愛読者としてはいい加減早く終わって欲しいんですが
まだまだ引き伸ばしになりそうですね。

そういえば昔、フィリピン大学で開催したアニメオタクのイベントに
L'Arc〜en〜Cielが歌いに来たという噂を聞きました。
国際交流基金とかがスポンサーで、入場料無料だったとか。
ありえない!絶対偽者だ!!と私は思ってるんですが
教えてくれた友人は「本当なんだって!」と力説してました。
本当のところはどうなんでしょう。ありえないよなあ〜






posted by greenmanga at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年12月07日

最近見た映画A

kisskiss.jpg

Kiss Kiss Bang Bang
なんとなくタイトルがかわいいなと思って調べたら、
「アリーmyラブ」に出てたロバート・ダウニー・Jrが主役と知り、
「ダメ男がダメ男を演じる〜」みたいな紹介記事を読んで更に観たくなりました。
(この人、繰り返し薬で捕まってます。私生活で)
で、フィリピンではマカティの2箇所でしかやってない!
グリーンベルトでやってる映画ならハズレはないだろう〜
という、かなり間違った感覚ではありますが観に行きました。

泥棒で生計を建てているダメな男が、
ひょんなことからショービズの世界に入っちゃって、
さらには殺人事件に巻き込まれちゃって
っていう、グロあり、エロあり、殺人ありの、
まあよくある感じのコメディーです。

やー面白かったです!
この私が声を上げて何度も笑ってしまったんですから。
ああいうダメ人間に弱いかも、自分。気持ちがよくわかるからか。

コメディー映画って、最初のジョークが笑えるか寒いかで後が決まると思いました。
一度ツボに来ると、ぐんとハードルが下がる。
一度しらけちゃうと、最悪な場合もう修復不可能に陥る。
つくづく気難しい奴だなあと自分でも思いますが。

今検索して知ったんですが、同名の映画が他にもあるみたいですね。
OO7やら、イギリスのやら、イタリアのやら。
何か有名なフレーズとかなんでしょうか?
「Kiss Kiss Bang Bang」
ソースきぼん。
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

最近見た映画@

pagdadalaga.jpg

やっぱり面白かったです。
「Ang Pagdadalaga ni Maximo Oliveros」
実は先日この映画のプロデューサーのRaymond Lee氏とお会いしたこともあり
ますますこの映画を宣伝したくなっている自分です。
(脚本を書いたMichiko Yamamotoさんはハーフだそうです。)

画質の乱れなどのインディーズ的なレベルの低さを除けば、いい作品だと思います。私は気に入った。
悲しくて暗い場面しかないのに、「ぼく達かわいそうなの〜」的な雰囲気がないのがいい。
コマーシャル映画でありがちなわざとらしさがなくて、すごく自然な優しい終わり方。
主役の少年の可愛さと健気さに泣けました。もう一回観に行こうっと。

ただ、私が一人じーんとしている中で、周囲のフィリピン人は膝を叩くほどに大爆笑。
ショックだった。こういうのも異文化体験と言うんでしょうか
この国でやっていく自信を失いかけました・・・

この映画、海外の映画祭でいろいろ受賞してるけど、
果たしてフィリピンの人たちの評価はどうなんだろう。
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年11月26日

最近の映画

今回フィリピンへ来て初めて映画を見てきました。
クバオで最近オープンしたショッピングモールGateway内の映画館です。
「この映画館が今一番大きくて綺麗だよ」と聞いていたのですが
マカティのグリーンベルトやイーストウッドと同じです。
特別ゴージャスというわけでもなく、普通に新しくて清潔だなという印象でした。
映画代もちょっと高めの120ペソ。(普通は70ペソぐらいじゃなかったっけ?)

本当にゴージャスなのは、300ペソぐらい払うVIP席らしいです。出入り口も他と別。
入ったことないのでわかりませんが、綺麗で広くて(というか人がいない)、
ポップコーンや飲み物がお替りし放題なんだそうです。
広くて静かなのはいいね。フィリピン人は映画の鑑賞態度が日本人と全然違って五月蝿いのです。
もちろん映画の種類や自分の楽しみ度によって不快に感じるか更に楽しくなるかが分かれるのですが、
今日観た映画はマイナス効果のほうでした。
「PRIME」という恋愛コメディ物を観たのですが、コメディって言うほど捻ったネタが盛り込んであるわけではなく、わざとらしい「おかしさ」ぐらいしか感じられなくて微妙でした。
一度寒いと思ってしまうと修復はかなり難しいもので、周囲の観客がゲラゲラ笑うほど私は冷めてしまった。
(セリフが聞き取れないぐらい大爆笑してた。羨ましい。)

「ハリウッド!!」みたいな劇的展開の連続ストーリーよりも、マッタリした話のほうが私はどちらかといえば好きだけど、この映画はただそれだけの話だった気がします。
でも、マンハッタン在住でスタイリスト役のユマ・サーマンがおしゃれで可愛かった点と、
メリル・ストリープの違う意味での可愛さは評価します。
やっぱりベテラン俳優と称される人は、演技を観るだけで楽しい。映画の内容が微妙でも。

っていうかねえ、今面白い映画ほんとにやってない!
どこもかしこもハリーポッター好いてやがる!!(好きな人ごめんなさい)
今楽しみにしているのは、今月末に封切りになるフィリピン映画です。
「Ang Pagdadalaga ni Maximo Oliveros」という映画。
CMで見かけて以来気になっているのですが、どうやらバクラ(オカマ)の少年と若い警察官とのお話らしいです。
ほんの一瞬しか見てないけど、この男の子の演技がちょっと上手そう。可愛いし。
もう一つ気になるのは、この映画の脚本を書いたMichiko Yamamotoという人です。
どう見ても日本人名なんですが、日本の方なんでしょうか?
他にもフィリピン映画の脚本を手がけたそうで、脚本賞を受賞されてたり。
そしてUFOのオーナーRaymond Lee氏(映画「Milan」の脚本も書いた)がプロデューサー。
今年のモントリオール映画祭で上映され、新人賞?のようなものを受賞したという期待の作品です。
わ〜〜 楽しみ!!

pagdadalaga.jpg
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年08月22日

選挙

「ニッポン代表の、田中でございます。」
.... orz 
こんな最悪な釣り師のせいで、
ニッポンという読み方が嫌いになってしまいそうだ。

いやいや選挙盛り上がってますねー。
あの衆議院解散の一日から毎日、ニュースは選挙関連てんこ盛り。
バイトや派遣の求人サイトでは世論調査など選挙関連の仕事が連日大量に掲載されてて。
刺客、マドンナ、ホリエモン、新党結成、、、、
つまらないバラエティ番組よりもよっぽど笑えますよ。
毎晩ニュース見るのが楽しみになってます。
今回は私も投票に行こうかな。人生2回目の投票。
私みたいな若者はどれぐらいいるんでしょうか。

いやでもフィリピンの大統領選に比べたらまだまだですね〜
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年07月21日

がしゅーいんも!(BlogPet)

きょうgreenmangaは、公開しなかった。
ただgreenmangaと我が公開するはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「greenmanga」が書きました。
posted by greenmanga at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年07月09日

(☆☆)キャン!

サッカーの試合のバイト行って来ました。
暇だったので。近所だったので。

先日の試写会バイト同様、今日も大した仕事はしなかったのですが、
今回もお目にかかっちゃいましたよ!芸能人。

私は入り口でカードを配る係だったのですが、
ハッと気づいたら目の前にいたんですよ!
大杉漣さま〜!!

最近はそれほどでもないですが、
「大杉漣みたいな素敵なオジサマと付き合いたいわ〜」
とか以前は言ってたぐらいなので、飛び上がるほどビックリ!
目が☆になっちゃうような心地でした。

前回のデーブ・スペクターからかなりステージ・アップです。
漣さん、普通にリュックしょって来てました。

posted by greenmanga at 21:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年07月07日

がしゅーいんも!

えへへ。
「電車男」観ちゃいました。
今日から始まったTVドラマのほう。

決して「電車男」の話が好きだからではなく、
ただ文句付けたいがために観たんだとおもいます。

我修院達也「詳細キボンヌッ!」
この1シーンだけ浮いてたなあ。

しかし、1年ぐらい前に2ちゃんねるで祭りになって、
書籍化、映画化(海外公開まで!)、ドラマ化、舞台化・・・
メディアっていうのは何でもやるんですねえ。
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年06月24日

じれっタイガー!

「タイガー&ドラゴン」
私が4月から生きがいにしていたTVドラマです。
このドラマのおかげで、金曜日の夜は気持ちよく布団に入れます。

本当に面白いですよ!何度も観ちゃいますよ!
西田敏行さんヤバイ!ジャニーズも侮れない!

「みんなも観ようよ!!」って叫びたいのですが、
終わってしまいました。今日が最終回。
もう60分間涙腺が緩みっぱなしで、
もう一度観直すのが怖いくらいです。

いちいち涙したり爆笑したり、
実に「新選組!」以来の楽しみでした。
大河ドラマは一年間クールなので、
私の2004年の思い出は「新撰組!」が頻繁に出てくる。

はあ・・・皆さんからの痛い視線を感じます。
どなたか叱咤激励を・・・

タイガー、タイガー、じれっタイガー!



posted by greenmanga at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年06月18日

スター・ウォーズ

試写会のアルバイトをしました。
「スター・ウォーズ エピソード3」

朝6時半集合。
もうすでにイベント会社の人たちはテンパってて、叫びまくり、走りまくり。
あっという間に一回目上映の会場時間になり、
「チャ〜チャ〜 チャラララ〜♪」
てあのスター・ウォーズの音楽が館内に流れ出す。
「では今日一日、よろしくお願いしますっ!!」
って無線機つけた社員が走り去っていく。
「おお!お祭りだ!!」て私も一気にわくわくしてきて、
規模が全然違うけど、中高時代の文化祭とかを思い出した。

そうは言っても、私の仕事は本当に暇だった。
今日一日で1万5000人が動いているとは思えないほどに。
私は劇場の出入り口で案内する係なのだが、
隅の小さい出入り口なので、ほとんど人が通らない。
昨晩一睡もしてなかったから眠くて眠くて。
生まれて初めて、歩行中に寝て、電信柱ならぬ劇場の壁に激突
なんていうマンガみたいなことをやってしまった。

最終回の上映には芸能人も来ると聞いていたけど
私の立ってる場所は関係ないだろうとボーっとしてたら
話しかけられちゃいましたよ!
デーブ・スペクター・・・・orz
奥さんと、トイレを探してました。

それで、もう芸能人来てるんだ!と思って慌てて劇場内に入った。
まず分かったのが電撃ネットワークの南部って人。
オレンジの角で一発で分かった。
あと、叶美香も。
50メートル以上離れてたのに、くっきりとおっぱいだけは見えた。

でもほかにも芸能人はたくさん来てたようで。
デイリースポーツonline「スター・ウォーズにスター続々」
えーー 見たかったなー

肝心の映画は、最後の上映時に見た。
が、眠気がピークに達していたため、ほとんど観てない。
終わりの15分ぐらいを観て、ダース・ベイダーが誕生したことしか分からなかった。
というか今までのシリーズもあまり観てないので、そもそもよく分からない。


Wikipediaより
「スター・ウォーズ」
もうわけわかめ
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年06月15日

qあwせdrftgyふじこlp

電車男観てきましたー。
私と同じ2chヲタの友人を強引に誘って。

前半はおなじみのAAとかが満載でかなり笑いました。
一人で来なくて良かった・・・。
主役の山田君の演技に感心。
ヲタ役の岡田なんとかっていう人も良かった。(何ヲタなんだろ)

この映画のテレビCMでも見る、電車男が着てる「百式」Tシャツを検索してみた。
【楽天市場】百式Tシャツ の検索結果:通販・インターネットショッピング
なるほど、ガンヲタってことか。
こういうのがオサレになる日もそう遠くなかったりして・・・。

そんなことより!
映画館が良かったです!
府中駅の隣にできたTOHOシネマズ府中
オープンしたてなので本当にキレイ!
府中だから大混雑することもない!

レディースデイ1000円のモトは十分取れます。
おすすめ〜
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年06月08日

テコ入れ

思いつきで、レイアウト変えてみました。

今までのは、デフォルトのテンプレートを細々と改造して使ってた。
フォントサイズをちょこっと変えるのに数時間悶々としたり・・・。

今回のも至ってシンプル&地味だけど、見易さは断然こっちのほうがいい。
これまでのやつがいかにスカスカだったか思い知りました。
やっぱタグって難しいな〜

これを機に更新頻度が上がると期待して。

posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年06月05日

一言ずつ感想

今週見た映画の感想。

『ミスティック・リバー』(2003)
観終わって、やるせない気持ちでいっぱいになった。
腹立たしくも思えた。納得できない結末。
アカデミー賞で話題になってたけど、この脚本はいかがなものかと。
でも、俳優のすばらしい演技を楽しめたからまあいいや。

『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)
日本人に対する嘲笑的描写はどうでもいい。
で、この映画が本当は何を言いたいのか考えてみて、
30分ぐらいの短編のほうが良かったんじゃないの?
という結論になりました。私は。

『オーシャンズ12』(2004)
前作のイレブンより先にこっちを見た自分がアホなのだが、
12人の名前を覚え切らないうちに終わってしまった。仲間多すぎ。
だからってもう一度ゆっくり観ても更に寒くなる気もする。
あ、でもゼタ=ジョーンズはやっぱり綺麗だった〜。ハァァ〜

『オーシャンズ11』(2001)
12を観て一気に疲労感を覚えたのだが、やっつけ仕事で続けて鑑賞。
何も期待してなかったからかもしれないけど、結構楽しかった!!
徹夜してるのに眠気なんて一度も感じなかった。スカッと系。

ところで、ブラッド・ピットの顔は別に好きじゃないはずなのに、
スーツとかシャツとか着るといきなりカッコよく見えるのはなぜ?
私が制服フェチだから? orz


以上、適当に感想を述べてみました。
ビデオ屋さんで迷ったときにチラッと思い出してくれたら幸いです。
っていうか恐縮です。

次は『Ray』と『スクール・オブ・ロック』観る。
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年05月11日

B級

韓国映画「英語完全征服」を観た。
弥次さん喜多さんにすればよかった・・・

さぶいラブコメ。ノれなかった。ついてけなかった。
ベッタベタの少女漫画を実写で見たい人なら楽しめるのかもしれない。
昨今の韓流ブームがなかったら日本での公開はなかっただろう。
もう、タバコが吸いたくて吸いたくて。
(この映画好きな人ごめんなさい)

で、ただのB級映画じゃんと言いたくなったのだが、
そもそもB級映画って何でしょう??
ネット検索によると、
「2本立て映画のうちの2番目のほう=ついでに作った低予算の映画」
っていうのが始まりらしい。
でも今は、軽く検索しただけでも「B級映画狂い」とか
「素晴らしきB級映画の世界」といったサイトがざくざくと出てくるように、
B級映画の定義や評価のされ方が昔とは違ってきていて、
そしてその価値の置き方も人それぞれみたいだ。
んー ややこしい。

posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2005年05月04日

Hollywood Ending

ウディ・アレンの新作映画「さよなら、さよならハリウッド」
観てきましたが・・・

「アレン演じるヴァルは、2度もアカデミー賞を獲っていながら
 今は落ちぶれてしまった映画監督。
 そんな彼にハリウッド超大作の仕事が舞いこむ。訪れた一発逆転のチャンス!
 しかしヴァルは極度のストレスから突然目が見えなくなってしまう。
 なんとかごまかしながら撮影を続けるが・・・はてさて、映画は無事完成するのか?!」
(公式サイトより)

エエッ こんなんで!?ってところで場内では結構笑い声が起きてました。
私自身は、アッハッハ!!って笑うことはなかった。
別にそういうのを期待してたのではないけど。

いいんです、別に。
わたしがウディ・アレンの映画好きなのは、ニヤニヤしたいからであって、
話のリアリティーとかドラマ性を求めているわけではありません。
「バカだな〜 こまかいな〜 しつこいな〜 
 エエー そうなるのカヨ!!」
とか心の中で突っこみながらニヤケるのが楽しいのです。

それでもですね、今回のは微妙でしたね。
この出来で、「アレン演じるヴァルは、2度もアカデミー賞を獲っていながら
今は落ちぶれてしまった映画監督」という設定。
あまりにリアル過ぎて、皮肉すぎて、悲しくなりました。
原題の「Hollywood Ending」は好きだけど。

posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2004年12月11日

2046

フィリピンでも映画「2046」が公開されたので早速観てきた。

「日本でだったら絶対観ないだろうなあ」程度にしか期待していなかったので
特に観てがっかりしたわけでも腹が立ったわけでもなかった。
まあ面白かったかな。綺麗な女優さんたちのチャイナ服姿を追うだけで楽しかったし。
映画代120円のモトは十分とった。

確かに時間が長かったけど、「アジア映画」特有?のマッタリした感じが好きな私にはそれほど苦痛ではなかった。
周りのフィリピン人はバタバタと帰って行ったけど。

フィリピンだと映画代は安いし、どこのショッピングモールにも映画館がある。
日本にいるよりも映画を観るのはすごく簡単なんだけど、自分好みの作品が少ないのが残念。

それにしても、日本の1600円って高すぎだよね。
その内訳を説明して欲しい。





posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2004年12月02日

こういうとき

2,3日前の熱帯低気圧で大被害を受けたばかりなのに、今度は台風がやってきた。
ここ2,3週間にフィリピンに来た台風・低気圧のどれよりも遥かに大きい台風だとの事。

朝の時点でマニラは既に台風危険シグナル2(小中学校が休みになる)。
でも夕方まで小雨状態が続いていたので、私は約束のために外出した。
今日は去年家庭教師をしていた家に遊びに行くことになっていたのだ。

幸い、いよいよ台風らしくなってきたのは私が訪問宅に着いた直後からだった。
家庭教師をしていたのは、日本人の駐在員の方の息子さん。
彼らがフィリピンに来て2年になるが、見るテレビは専らNHKらしい。
だからフィリピン国内でこういう臨時の出来事があってもリアルタイムの状況を知ることが難しいとのこと。
私もテレビがない生活をしているので、そういう不自由さはよくわかる。

で、今日は国内の民放のニュースにかじりついて見ていたのだが、日本の場合と全然報道されるものが異なることに気づいた。
天気図がほとんど出てこない。
日本で、例えばNHKなら大きな台風が来ているときは画面の右下あたりに台風の予想進路図みたいなのを常駐するぐらいなのに、
フィリピンではニュースの天気予報でもほとんど出てこない。
出てきても、キャスターの陰に隠れてしまってちゃんと見えなかったりとか。

代わりに繰り返し映し出されるのは、そのテレビ局のスタッフが被災者に食べ物などを配給したりする援助の様子とか、
大洪水で家や家族を失って非難している人々の様子。
クリスチャン系?癒し系?の音楽をBGMにして流している。

日本:アナウンサーが、これでもかというぐらいの強風・大雨の中へ駆けつけて中継をする。
(もちろんフィリピンでも中継してます。でもカッパを着て防波堤に立ったりはしません。)
フィリピン:家や家族を失って放心状態の人々。それを援助する人々。そしてマリア様。

・・・というのが一晩ローカルチャンネルを見た私の見解。
日常的に見ていたらもっと違うところに気づくのかもしれないけど。

まあ日本でもフィリピンでも、どちらもそれぞれの価値観や生活習慣に基づいてメディアがつくられているんだろう。
それが必ずしも見る側のニーズに一致しているかはわからないけれど。
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2004年11月02日

vote for America!

アメリカ大統領選挙の投票がいよいよ始まった。
空前の大接戦だとか、アメリカにとって今までで最も重要な選挙だとか色々言われている。
で結局どっちになるんだろう。今回もまたグダグダに揉めるのかな。
「〜紙調べの支持率は〜%」だとか、「〜誌はケリー氏を優勢だと報道」だとか。
選挙結果をめぐる莫大な情報が、マスコミや多くの人々の思惑が何重にも重ねられて報道されている。
そう思うとおもしろい気もするけど、でもちょっと多すぎ。いちいち読んでられない。

前回の選挙でもそうだったけど、フロリダでの選挙戦が注目されている。
フロリダには格別の思い入れがある私は、ちょっと楽しい。
「あ〜、あの人たちはちゃんと選挙に行ってるのかな〜。
ホストマザーはテレビの前でどんなことをぼやいているんだろ。」
っていうふうに、かつての友人・知人を懐かしむきっかけを与えてくれるからだ。
みんな元気かな。今どこで何してるのかな。

ブッシュ氏とケリー氏の主張などを比較したものを少し読んだけど、
常識的なリベラルな視点で考えたら、ケリー氏じゃないの?って言いたくなる。
まあ、これは素人の浅はかな考えなんだろうけど。偉い人達とかからしたら。

日本から見たいわゆる「アメリカ」のイメージって、とにかく自由・オープンっていうものだと思うんだけど、
必ずしも彼らの日常生活がそうであるとは限らないし、
私が小さい頃から刷り込まれてきた「アメリカ」と、今の「アメリカ」は違うような気がするし。
アメリカらしさってなんなんだろう。

・・・って大風呂敷を広げすぎた気がするのでこのへんでストップ。
とりあえず、ケリーさん支持。相対的に。
まあどっちに決まっても、アメリカの人たちが満足する結果であることを願います。
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2004年10月26日

お花畑〜☆

今日は少女漫画誌「クッキー」の発売日。
バイトの帰りに買った。こんなふうに普通の時間に買うのは久しぶり。
今までは、発売日の深夜にコンビニへ駆け込んでいた。
ほんと恥ずかしいよね。

で、一通り読んでみたけど、いつにも増してつまんない気がする。
「ハア〜・・・ポワンポワン〜(お花がとんでいる音)」みたいな読後感を感じない。
好きな連載は、いつもなら一読した後すぐにもう一度読み直すのに、今はさっぱりそんな気分じゃない。
何でだろうなあ。最近、社会復帰して感覚が「まとも」になったのかな。
でも昔もっと忙しかった頃は、今よりもっとメルヘンしてた気がするけど。

果たしてこれは良い兆候なのであろうか。当方、23歳。



posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

2004年10月20日

まただまされたよ

「超大型」「史上最大」「昭和〜年以来の」
もうそんなの聞き飽きたよー。
どれ一つとして本当にそうだったことはないじゃないか。
少なくとも今年の台風に関しては。

ただ今午前2時半。
いつもと変わらない、静かな夜。雨の雫一つさえ降っていません。
NHKの画面によると、東京は今台風のど真ん中にいるはずなのですが・・・。
これは誤報じゃないんですか。
それでも映像や数字を持ってきて、必死に煽るマスコミ・気象庁。
さっき見ていたニュースのお天気お姉さんは、「さきほど、暴風域が消えてしまいました。」と言った。
消えて「しまいました」って!
なんなんですか、何がしたいんですか。

明日私が起きると、きっときれいな青空が広がってるんだろうな。
んで無駄にバイトが休みになって暇な私は、洗濯しながらイラついてるんだろう。

書いてて思ったけど、私って小さい奴だねえ・・・反省。
私は幸い何事もなかったわけですが、全国では多くの方が命を落とされているようで。
ご冥福をお祈りいたします。

ところで、少し前からいくつかの連絡を待っている。
今後の予定を決める上で知らなければならないことの連絡。
早く来ないかなー。日増しに不安になってきた。
連絡が来て、スパスパっと予定を組んじゃって、晴れ晴れとした気持ちになりたいのよ。
待ち人来い来い!
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。