2007年11月29日

恒例のクーデター騒ぎ

またまたマニラで事件発生です。今度は反アロヨ派の国軍によるクーデター騒ぎ。
おかげで今夜12時から朝の5時までマニラ首都圏全域に外出禁止令が発令されました。せっかくの休みの夜なのにお店が全部閉まってて迷惑です。

反アロヨ政権の急先鋒トリリヤネス上院議員が、以前に起こしたクーデター未遂罪の公判中に裁判所を脱出、彼の支持者や国軍将校らと共にマカティの高級ホテルに立て籠もり、アロヨの辞任要求と反アロヨ勢力による新政権樹立を宣言しました。
結局、数時間後に国家警察がホテル内に催涙ガスをぶち込み、首謀者である同議員は「犠牲者を出すわけにはいかない」とアッサリと投降。共に立て籠もっていたギンゴナ元副大統領やダニー・リム将軍らと逮捕されました。
とまあこんなのはフィリピンで年に1回は発生するよくあるクーデター未遂です。

いつも自分が仕事休みの日に限ってこういう事件が起きている気がする。家でテレビを見ているだけのもどかしさにイライラします。
テレビを見てて面白かったのは、マスコミが立てこもり現場のホテル内で待機して、生中継をしていたこと。宿泊客やホテル関係者はとっくに外に避難していたのに、100人以上の取材関係者が普通にホテル内でくつろいでました。
そこでかっこよかったのがニュースキャスターのセス・ドリロン。最大手ABS-CBNのアンカー・ウーマンです。今日は休みの日だったのか、スッピンとカジュアルな服装のまま取材陣の最前列に立ち、代表者としてクーデター関係者に次々と質問してました。催涙ガスが投げ込まれ、みんなが顔や口をふさいで何もできなくなっている状況でも、目を潤ませながらいつも通りにインタビューを続行。彼女のプロ根性に感服しました。
実はセスさんとは友人を通じた知り合いで何度かお会いしたことあり、以前からカッコいい女性だなーと憧れてたのですが、今日の中継でさらに憧れ度アップ。あんなテレビドラマみたいなジャーナリストになってみたいです。

あと、ホテルに篭っていたマスコミ陣が、「現場にいた人間全員が容疑者の対象になる」という警察の判断で重要参考人として連行され、取調べを受けたみたいです。「はあ??」という感じでみんな激怒してました。元々この国のマスコミは、日本より反政府思想が強い傾向がありますが、今回の件で完璧に敵に回しましたね。

やっぱり自分も現場に行って仕事したいなー
何もできない新人のぼやきですが。
posted by greenmanga at 23:33 | Comment(25) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2007年11月16日

デングの噂あれこれ

ほぼ毎日ヨガに通い、食事はバランスのとれた自炊中心、早寝早起きという、超理想的な健康生活を実践している友人(日本人)が、フィリピン滞在5年目にしてデング熱に感染しました。
突然の高熱と悪寒で、最初は「疲れているのだろう」と家で寝ていたそうです。眼球の奥が熱く、ガクガクと体が震え出して数日が過ぎ、やっと熱が引いてきたと思ったら今度は手や耳が赤く膨れ出した。さらに腕や足に赤い発疹が発生し、病院へ行くことを決意。まさか自分がデング熱にかかるとは思ってもみなかったそうです。
一緒に同じメニューのごはんを食べて、食中毒で青ざめている私を爽やかに介抱してくれた彼女が入院するとは。私もショックです。

で今日、仕事で日本人のお医者さんに取材する機会があったので、デング熱にまつわる噂の真偽を確認してきました。誰かの参考になれば。

・デング熱に2回以上感染すると死ぬ。/軽度のデング熱と出血性のデング熱、両方疾患すると死ぬ。
×
まず、「軽度」と「出血性」の2種類に分類されるわけではない。
軽度→重度と段階的に症状の重さが変化するだけ。
発症1回目でも症状が重ければ死亡率は高まるし、2回目でも軽度で終わることもある。

・朝方出る蚊が危ない/夕方出る蚊が危ない
×
ウイルスを持っているとされるネッタイシマカは、昼間でも普通に出没する。

・ウイルスを持っている蚊に刺されても、デング熱を発症しない場合がある

実際のところ、元気な日本人の場合、刺されても発症しない場合が多い。疲れて体力が落ちていたり、子供や高齢者など免疫力の低い人が発症しやすい。

・日本の虫除けスプレーより現地ものが効く

日本のものは人体に安全だが効き目もマイルド。海外のものは有害物質が含まれているものの、その分効き目も強い。
フィリピンでは虫除けスプレーや虫刺され薬の代わりに消毒用のアルコールを手足にパシャパシャやる人がいるが、医学的には意味不明。スーッとさせるために使用していると思われる。

とりあえずこんなところでしょうか。
あと個人的にガッテン!だったのは「発症しないことが多い」ということ。
確かに自分も今まで散々蚊に刺されてきて、ネッタイシマカ(足が縞模様)らしき蚊が家に繁殖してたこともあったのに、幸いデング熱を患ったことはありません。でも夜更かししまくり、ジャンキーな食生活、運動ゼロで明らかに不健康なんですけどね。気力で勝ってるのかしら。
さらに興味深かったのは、デング熱ウイルスには4種類あって、それぞれ1回感染して終わりということ。はしかとかと同じように。
例えばA種のウイルスを持つ蚊に刺されても、自分が元気だったら発症せず、自然治癒してA種の免疫が作成されます。以後、A種の蚊に何度刺されてもデング熱を発症することはない、ということらしいです。同様にB種、C種、D種それぞれ刺されて免疫ができると、「理論上では」デング熱に感染することはないということになります。
なるほど〜。超不潔な部屋に住んでいるのに全然病気にならない人(自分?)の謎が分かった気がします。

結論としては、虫除けスプレーと体力と気力が大事ということでしょうか。
長文すみません!

posted by greenmanga at 02:35 | Comment(10) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2007年11月13日

また爆発、今度は議会

今夜8時過ぎ頃、QCにある下院議事堂が爆発しました。
現時点で国会議員を含む2人が死亡、9人が負傷とのこと。
亡くなった一人は、アブサヤフと国軍の衝突が絶えないミンダナオのバシラン州選出の下院議員なのですが、テレビでは反政府勢力による彼を狙った爆破テロとの見方が出ているようです。でもこの国のことだから真相は謎。きっと明日からまた犯人探し合戦が始まるんだろう。
モールの爆発から3週間しか経っていないのに・・・いったい警察は何をしているんだ??(怒)「とりあえず警備厳しくなるからしばらくは大丈夫だよね」というのは当地では一切通用しないってことか。
今テレビでニュースを見ているのですが、負傷者が運び込まれた病院内にカメラ入りまくり。心肺停止状態の負傷者に医者が心臓マッサージしているところや、顔がボコボコで血まみれの人とか、まるまると写してます。ER内はマスコミでごった返してて、もうほんとあり得ない・・・

せっかく経済が成長路線にあるというのに、一向に政情が安定しません。なんかフィリピンは永遠にこんなことが繰り返されていく気がして残念です。
posted by greenmanga at 23:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2007年11月08日

「わたしは大丈夫」

4ヶ月放置。「感染・・・」で更新が止まってるって怖すぎ。
普通に元気にやってます。

そうえばモールの爆発ありましたね。もう3週間経つのかあ。
未だに事故かテロかと言い争ってるみたいだけど、そんなの私にはどうでもよくて、11人の死者100人超の負傷という惨事に身震いしました。
というのもあの日、自分がまさにあの場所に行く予定だったんですよ。仕事が休みだったので、午前中に起きれたら昼過ぎぐらいにグロリエッタ2とパークスクエア2をウロウロして携帯電話を物色する計画だった。結局昼過ぎに起きたので諦めたんですが。まじビビリました。
大げさだけど、「あのとき行ってたら・・・」という思いが今でも頭をよぎり、「絶対大丈夫!」なんて通用しないんだと反省。さすがの私も弱気です。
あそこはマニラの中でも一番人がたくさん集まるところで、多くの日本人が住んだり働いたりしてる場所でもあります。きっと私のように「危ないところだった・・・」という人はいっぱいいるんじゃないでしょうか。

フィリピンで日本人が殺人事件に巻き込まれる話は日常茶飯事ですが、被害者のほとんどが女・金・仕事のどれかに問題ありのおじさんたち。マラテ、パサイ、地方ならアンヘレスとかではじけちゃってる人たちですかね。
だから静かに生活している限り、自分がこの国で命を落とすことはないだろうと思ってたけど、絶対なんてないんですよね。過信は禁物だ。

そんなわけで今年の年末年始は日本で過ごすことにしました。よく考えたら過去5年間、好きでもなんでもないのにクリスマスはいつもフィリピンで過ごしている。
雪見れるといいなあ。癒されたい。


posted by greenmanga at 02:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2007年07月17日

感染?

パヤタス後日談といいますか、、、、
あれから体調を崩しました。
あの日は帰ってから軽く熱っぽくだるい状態で一日を終え、次の2、3日は胃から腸のあたりがキリキリと痛みました。タバコを吸ったり何かを食べると必ず。くしゃみが頻繁に出て、鼻が詰まりました。
今はその症状は治まりましたが、風邪です。痰が絡んでるので私的には治りかけの状態ですが。

おまけに先日、シャワー後に部屋のタイル床でズッテーンと転びまして、尻が痛い日々が続いています。尾てい骨を痛めました。踏んばれない。

尻の件は別として、体調が良くなかったのは、疲れていたのと生理前なのと牛乳をガブ飲みしたからだろうと楽観的にみていたのですが、今日知り合いに話したら「それ絶対肝炎だよ!」と断言されました。A型肝炎だと。

A型肝炎というのは、清潔な今の日本では感染することのない感染症らしいですが、フィリピンのように不衛生極まりない国では感染しやすいらしいです。食べ物や水にバイキンが含まれていると感染するらしい。友達の知り合いの駐在員さんはガリガリになって日本へ帰って行ったとか・・・。
もし感染したとしたら間違いなくあのパヤタス訪問が原因だ。

まじでー・・・
体調は回復してきたけど精神的に衰弱中。
早いうちに健康診断行きます。
会社の保険使いまくってやる!
posted by greenmanga at 00:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2007年07月10日

初パヤタス

パヤタスに取材に行きました。(パヤタスの詳細はこちらなどで)
フィリピン歴2年半にして初めて足を踏み入れました。正直面倒臭くて行きたいとは思わなかった。
ごみ集積場で発生するメタンガスを利用した発電施設建設の計画があり、今日起工式がありました。

トンドやチャイナタウン以上に怖くて汚いところだと想像していたけど、思ってたほど恐ろしい場所ではなかったです。コミュニティ内は車で通っただけだからリアリティを感じなかったのかもしれないけど。

ゴミ100%の山を想像していたけど、今は山のほとんどが普通の埋立地みたいでした。関係者に「で、ごみ山はどこですか?」と聞いたら、「ここだよ、ここ!」と言われて初めて気付いたくらい。

payatas 024.jpg

あれ〜と拍子抜けしつつ山の反対側のほうへ行ったら、突然大量のハエと毛虫とウンコがゴロゴロ出てきて、見覚えのあるあの光景が広がっていました。たった数十メートルで別世界。聞いてはいたけど本当に強烈な悪臭です。雨上がりだったからなおさら。

工事現場のおじさんの話によると、今パヤタスにある2つのごみ山を埋め立てているところで、作業が完了したらごみ集積場を完全閉鎖する予定らしい。次の集積場は決まっていないとのこと。ごみ拾いで生計を立てているスカベンジャーの人たちはどこへ流れていくんでしょうか。

自分はボランティアやNGO活動に興味がない人間ですが、実際に行って見てしまうとやっぱりショックです。なにもできないけど、幸せになってほしいなあと思います・・・偽善ぽいな・・。

今日は2000年7月10日に起きたパヤタスごみ山崩落事故の7回忌でした。

posted by greenmanga at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2007年07月09日

クバオがなくなる日

araneta.jpg

クバオが変わってしまう・・・
今アラネタセンター再開発プロジェクトというものが進行していて、10年後には今のクバオの原型をまったくとどめていない街並みに変わるらしい。
あの寂れたミニ遊園地も、腐ったショーパオ売ってるバスターミナルも、オーロラBLVD沿いのUKAYもなくなって、コンドミ20棟、外資ホテル、ショッピングモール、コールセンターが建つんだって。この開発を担当するメガワールド不動産の社長さんに取材した時に聞いた話。社長さんは目を輝かせながら壮大な計画を話してくれたけど、正直まったく心が躍らなかった。悲しい・。

今回建設する20棟のコンドミは、どれもクバオ駅に直結した設計らしく、一歩も地上に降りることなく家、駅、ショッピングモールの移動が可能になるらしい。東京では部長クラスのおじさんたちもみんな電車で移動するところに感心したらしく、「マニラもそれを目指さないといけない」と。

モデルにするのはいいけど、たぶんこの国では無理でしょう。「高級コンドミ−クバオ−電車」がどうしても結びつかない。新築コンドミに住むような金持ちはクバオに来ないし、電車にも乗らないし。

Marikina Shoe Expoは辛うじて残るらしいけど、こんな状況でポツンと残っても困るよな。客層変わるし。きっとテナント料爆上げで退去せざるを得なくなるだろうけど。

古いものを潰すんじゃなくて、改修したり拡張したりして、昔からの街並みを壊さないで欲しかった。


posted by greenmanga at 23:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2007年07月06日

電動ジープニー登場!

Eジプニーが灰色の街並を一掃・・・いや無理でしょ。
ガソリンを一切使わない電気式のジープがデビューしました。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2248998/1748418
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070705-00000007-nna-int
試験的にマカティで運行開始したようです。まだ見たことないけど。

環境保護の改善が狙いのようですが、一台50万〜70万ペソとか。
一日の手取り収入が200〜300ペソの運転手たちはどんなにがんばっても買えないでしょうね。
とりあえず導入段階は政府が一部補助とかすれば、もっと現実的なはなしになってくると思うけど。

個人的にはさっさとMRT、LRTの路線を拡大して、
ついでにマカティ市内に地下鉄作ってくれたら嬉しいです。
それもきっと5年10年先になるだろうな。
真っ黒な空気を吸う生活はまだまだ続きそうです。



posted by greenmanga at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2007年06月16日

週末マーケット

market 007.jpg
今度引っ越したのはマカティのサルセド。
日本人御用達という噂のサルセド・マーケットに初めて行ってきました。
朝6時ぐらいに行かなきゃだめだと思ってたけど、お昼ごろでも全然大丈夫だった。

まずお目当てのベーグル。
友達からおすそ分けしてもらって、いつか買いに行きたいと思っていました。
レーズン、セサミ、ブルーベリー、胚芽、シナモン、いろんな種類があるんです。
とりあえず一個ずつ買って、パンデサルもなんとなく購入。
実はこのパンデサルがけっこう美味しかった!

market 003.jpg market 005.jpg market 010.jpg
料理好きな友達は野菜や果物を買い込んでいたけど、
自分は今後しばらく料理するつもりがないのでネギとブロッコリーを買いました。
ネギはラーメン用。ブロッコリーは茹でて食べる用。
女としてだけでなく健康的に問題だ・・・。

market 013.jpg market 012.jpg
友達おすすめのセブ・レチョンとシュワルマでランチ。屋台にしては美味しいほうかも。

セブ・レチョンは本当に美味しいんですよ〜
以前、知り合いがセブから取り寄せたのを食べたことがあるのですが、
いろんな味がしみ込んでて(ブタの中にいろいろ詰め込んで焼くらしい)
ただのブタ肉とは思えない食感。
セブに行ったら食べてみてください。



posted by greenmanga at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | フィリピン生活

二層式洗濯機

フィリピンで働き始めて1年9ヶ月。やっと洗濯機を買いました!
今まではランドリーサービスに出していたのですが、
仕事が変わってなかなか時間が取れなくなり、
家で洗うことにしました。
まず嬉しいのは、日本の洗濯洗剤で思い切り洗えること。
ランドリーサービスだと、フィリピンの洗剤と水で洗われるので、
白いTシャツが少しずつ灰色になっていくのです。
以前、初めて日本の洗剤で手洗いしたら、
案の定水が真っ黒になりました。恐ろしい。

買ったのは懐かしの二層式洗濯機。
フィリピンのコンドミは、日本のように洗濯機置き場や水道の蛇口が備えてない場合が多く、二層式が一般的みたいです。
その都度バケツで水を汲むことになるので、「全自動」は無意味なのです。

一応ちゃんとした電気屋さんへ買いに行ったのですが、普通に値引きしてくれました。
まあ400ペソ程度だけど、言ってみるもんです。SMよりおすすめ。
店員の対応もなかなか良く、いい気分で店を出たのに、
店の出口にいたおっさんとケンカし、(バンで運んでやるよと寄ってきた)
タクシーの運転手ともケンカして、最後の20分でドッと疲れてしまった。

さあ!明日から爽やかな洗濯生活始めるぞ〜
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2007年06月15日

初岩盤浴@マニラ

日本で今流行っているという岩盤浴がマニラにもできたよってことで早速行ってきました。

中に入ると、お姉さんがカタコトの日本語で一生懸命コースを説明してくれます。
五月人形、着物、中国っぽい布、、、という内装で、決してSPAという雰囲気じゃないのですが、なぜかこのダサさが落ち着く。

基本は岩盤浴15分、休憩15分のセットを3回。
1セット目の岩盤浴は「あっつ!!」と叫びながらひたすら耐えました。
その後の休憩室にあったマッサージチェアに感動!センサーが付いていて、その人のツボを探してくれるんです。
私は自他共に認める肩こりなので、普通の指圧マッサージへ行くと、いつも「あーそこそこ!!」っていうところを避けられる。だから、嫌がることもなく永久に揉み続けてくれる機械は実にありがたい存在です。

酸素バーもあって初めて体験したけど、正直微妙でした。息ができなくなりそうで落ち着かなかった。

岩盤浴って、最後にシャワーを浴びちゃいけないんですね。
後でトイレに行ったときお尻を触ったらスベスベでびっくりしました。これが「サラサラの汗」効果?

2時間で800ペソですが、今は開店プロモで半額。
リピート決定です。マッサージチェア目当てにまた行くぞ!

場所は、うまく説明できないのですがマカティのJupiter st沿いです。
Makati aveよりもsan antonioに近いほうにあり、お店の看板に「岩盤浴」と大きく書かれています。

営業時間は昼12時から夜12時まで。
(入店は夜10時まで)
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2006年10月01日

台風15号

IMG_0765.JPG

IMG_0735.JPG

先日フィリピンを直撃した台風15号の写真。
会社の共有サーバから拝借。(なんでこんなものがあるんだ)
ここまで破壊的な台風を経験したのは初めてだ。


看板とか屋根とか、あんな大きなものが軽々と宙を舞っていって、これはヤバイと思った。
台風自体は2、3時間で過ぎ去っていったけど、その後の停電が大変だったみたい。マカティの高級コンドミでさえ3日間も停電。
当然飲食店関係は閉店してて(コンビニも)、昨日から何も食べてなくて飢え死にしそうです・・・と会社の人が日本の本社に訴えていた。

マニラ郊外で働く友人のところは停電が10日ほど続き、断水だから雨水でシャワーだったとか。ひえええ
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2006年01月15日

Cosmo Salon Awards

遂に縮毛矯正のパーマをかけてしまいました。
雑誌「COAMOPOLITAN」の今月号でおすすめ美容院の特集をしていて、当然ながらマカティの高級アサロンばかりが紹介されていたのですが、そのゴージャスなラインアップの中に突然近所のスーパーの美容院が出てて、面白そうだったので行ってみました。2ヶ月前にマカティのDavids Salonで散々に切られてしまったこともあり、かなり投げやりな決断です。もうどうにでもなれと。

雑誌に載ったばかりで、さぞかし混んでいるだろうと思い電話予約して行ったのですが、他に誰もお客さんいなかった。日曜日の昼下がり。「やっぱり失敗だったか・・・」と最初思いましたが、逆に暇を持て余していた店員さんたちに丁寧にやってもらえた気がします。計5000ペソの大出費だったけど、日本のパーマとそれほど変わりない(=フィリピンにしてはまあまあ)と思えたので失敗ではなかったのかもしれない。

ちなみにこの特集に出てた美容院は、
フィリピン版「COSMOPOLITAN」1月号より)

Makati:
Emphasis Salon
2/F Rockwell Information Center, Estrella corner Amapola St.
Tel: 898-0818, 898-0819
カットP750〜、カラーP1850〜、マッサージP850〜

Essensuals Toni&Guy
G/F 6750 Retail Arcade, Ayala Ave.
Tel:812-8002
カットP600〜、カラーP3000〜、パーマP4000〜

Salon De Ken
G/F Glasstower Building, C. Planca St., Legaspi Village
Tel:848-1886, 892-8352
カットP450〜、カラーP1600〜

Salon ESA Kerastase Institute
G/F 6750 Retail Arcade, Ayala Ave.
Tel: 819-1040, 819-0886
カットP600、トリートメントP1350〜

その他:
Capelli Salon
133 Mother Ignacia Ave., South Triangle, Quezon City
Tel: 416-1728, 416-1730
カットP249〜、カラーP950〜、縮毛矯正P5500〜

Visage Salon
150 E.Rodriguez Jr. Ave., Libis, Quezon City(SHOPWISEの一階)
Tel: 635-0355
カットP150〜、カラーP1850、パーマP1000〜、縮毛矯正P3500〜

Azta Urban Salon
Unit12, Metrowalk Commercial Complex, Meralco Ave., Ortigas
Tel: 631-7915
カットP200、パーマP850〜、カラーP800〜

いつか誰かのお役に立てれば・・・
在比邦人女性にとって美容院の選択は生死に関わる問題なのです。

この雑誌(COSMOPOLITAN)、半分以上がSEXや恋愛関連のどうでもいいページで自分でもなぜ買っているのかわからなかったけど、初めて役に立ちました。
ところで日本のCOSMOPOLITANは休刊になったみたいですね。日本はインターネットで何でも情報収集できちゃうからねえ。私も日本にいた頃は、ファッション雑誌の類は買わないどころか立ち読みさえしなくなっていた。(それはそれで20代女性としてどうなのだろう)
でもフィリピンでは、私がまだ知らないだけかもしれないけど、インターネットでの情報共有がまだまだ未発達。Friendsterみたいな(フィリピン版mixiやgree)出会い系は日本以上に盛んだけど・・・。
価格.com@cosmeみたいなWebサイトがフィリピンにもできたらいいな〜
2ちゃんねるみたいなのは、フィリピンで成立しうるんだろうか。私は日本のでおなかいっぱいだけど。






posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2006年01月10日

after xmas

「みんなクリスマスと年末年始でお金使い果たしちゃったんだよ」
このセリフをフィリピン関連の情報ではよく見かけましたが、ほんとにフィリピン人が言ってました。
今夜のLee's Nightはガラガラ。客のほとんどが出演者で、なぜか私が申し訳ない気持ちになってしまった。私は一人マッタリできるほうが好きだから満足だったけど、Leeさんたちは仕方ないと言いつつも不満気味でした。「こんなのロックじゃない!」と。

今楽しければいいジャン!みたいな性格のあるフィリピン人のことだから何ら不思議ではないけど、本当にそうなのだろうか?私は年末のイベントに一切気合もお金もかけてないので、それがよくわからない。むしろ年末商戦の売れ残りがセールになったりして、まだまだ買い時だと感じるんですが。

私的には、道端の爆竹に怯える必要も、うざいタクシーの交渉も、レジやタクシー乗り場の長蛇の列もなくなって、気分はスッキリ!のはずなのに、でもなぜか、なんかちょっと寂しい気はする・・・日本なら逆なのに。すべてが「今年初めての」出来事でお祝いモードなのに。

フィリピンへ来て3ヶ月、まだまだ落ち着かなそうです。
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2006年01月08日

男の子大好き

知人宅のランチパーティーへ行きました。
知人といっても皆30代40代の大人ばかりなので、
案の定私は彼らの子どもたちの遊び相手になりました。率先して。
4歳と8歳の男の子。かわいいーー!!
まだ本気で生意気になる前の年頃だから、素直に甘えてくるし、純粋にかわいい!!
いい歳こいて半日チャンバラごっこしました。恥ずかしすぎると思いながらも最後のほうは私がマジになってたり。。。いい汗かいた。

それがどうしたの?という感じですが、やっぱり子ども生むなら絶対男の子がいいッ!と何度も思ったわけです。あれは兄弟だけど、サザエさんとカツオみたいな仲良し親子になりたいなあ。マスオさんみたいな人であってもなくても、結婚できたらですけどねー。

そういえば、男の子のお姉ちゃんから「ママには秘密だけど、わたしYAOIにハマってるの・・・」と相談されてしまった。どうしよう・・・。


posted by greenmanga at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2006年01月06日

病院で

入院中に友達のお見舞いに行ってきました。
クリスマスに車で事故に遭い、全治3ヶ月の大怪我です・・・。
常にハイテンションでバカなことを言っている彼女だけど、この時ばかりはさぞかし気を落としているだろうと恐る恐る病室へ入ったのですが、思い切り元気だった。ドクターストップ無視で普通にモグモグ食べてて、暇があればサンミゲルの匂いを嗅いで大騒ぎするという、普段の彼女そのままでした・・・ああ大好きだ。でも、私たちが帰って病室で一人になったときはわからないけど。

彼女が入院しているのはサンフアンにある総合病院ですが、彼女の個室とは別階にある大部屋を通り過ぎた時にどーんと気持ちが落ちました。ほんとに「集団」。一応ベッドはあっても、日本の病院に比べたら雑魚寝に近い感じです。患者さんには失礼極まりないですが、でもほんとに恐ろしい気持ちになってしまって一生懸命足元だけを見つめて通り過ぎました。日本にはないフィリピンのシビアな現実を感じました。行ったことないし行くつもりもないけど、パヤタスやトンドのスラムへ行ったらもっとショック受けちゃうんだろうか。

死んでも病院へなんか行くもんか!と改めて心に誓いました。(さむい)

posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2005年12月31日

よいお年を

日本列島が大雪に見舞われているというニュースを最近ずっと聞きながら、
「ああ日本帰りたい ああ日本帰りたい」と毎日つぶやいていた私です。
雪など降ったことのない国にいると、12月31日の実感が全く湧かないのです。
「今年も残すところあと〜日か・・・」と一人でつぶやいてみたり。暗い。
29日の仕事納めの時は、「よいお年を〜」と日本人の同僚と馬鹿みたいに何度も言いあった。
「日本人なら日本で年越さなきゃ」という平凡なことを、かつてなく強く実感しています。

日本から遊びに来ている友人を強引に誘って、とりあえず紅白見ました。
久々に見る日本の芸能人は、どんなにもんたがクドくてもウザくても私には新鮮。
紅白を最後まで観て、しかも行く年来る年まで観てしまったのは何年ぶりだろう。

日本が新年を迎える頃、マニラでもいよいよ花火が大変なことになってきました。
アメリカ同様フィリピンの年越しは花火をする習慣があります。
普通の庶民だと爆竹とドラゴンぐらいなのですが、大金持ちの家では尺玉花火を打ち上げます。
私のコンドミ付近は金持ち住宅街なので、おかげさまで至近距離から悠々と眺めることができました。
規模や美しさは日本の花火に遠く及びませんが、あちこちで咲くかわいい菊型の打ち上げ花火を見下ろすのは楽しかったです。

ただ、日本ではありえない自宅での打ち上げ花火は、やっぱり危険。
花火のおかげで気分が乗ってきたので、そのあと出かけることにしたのですが、
タクシーで知人宅へ向かう途中、突然私の乗っていた車がキラキラ光るものに包まれました。
わっまぶしい!って。・・・打ち上げに失敗した花火を浴びたのです。花火が横に倒れて発火。
まじ怖かった!車乗っててよかったーー・・・打ち上げた人たちはどうなったんだろう。

知人宅で今度は打ち上げ場所から花火を見て、すっかり昼間の憂鬱は忘れました。
真下から打ち上げ花火を見たのは初めてかもしれない。楽しかった!
キャーキャーはしゃいでいるうちに気付いたら12時過ぎてた。

まあいろいろ言いつつも、楽しく一年が終わりました。
来年も幸せに過ごせそうだな〜と思いました。


ああ なんてしょぼい写真なの・・・

P1010066.JPG  P1010060.JPG

posted by greenmanga at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2005年12月30日

そっと小耳に

PC300057.JPG

このブログで頻繁に登場するRomeo Lee氏が、またTVの取材を受けました。
フィリピン在住でもし興味がおありの方はご覧になってください・・・。

1月9日(月)、GMA(CH7)の「I-Witness」というドキュメンタリー番組です。
毎晩12時ごろにやっている「SAKSI」というニュース番組の後にやるらしいです。

最悪の場合、私が(また)映っているかもしれません・・・。
ほんと自分何やってるんだろう。
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2005年12月29日

PIPOL

PC300058.JPG

ABS-CBNのパーティーに行ってきました。@Magnet katipunan
といっても、「PIPOL」というドキュメンタリー番組スタッフの忘年会ですが。
テレビ局だからか、カメラがずっと回ってたなあ。
私のきもい酔っ払い顔が公共の電波に流れないことを願う。

Romeo LeeやJulia Clarete(他局だけどいいのか?)のライブがあったのですが、
出演者がステージの隅に追いやられてしまうほどスタッフの皆さん盛り上がってました。
少人数っていいなあ。「アットホーム」とか、憧れる〜。

posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン生活

2005年12月25日

メリークリスマス

サンタを待ちわびてたあの頃が懐かしい・・・(遠い目)。

SMは混んでるし、タクシーの運転手も調子に乗ってるし、道端は爆竹で怖いし、
「朝起きたらクリスマス終わってないかなあ」と一途に願ってきた私ですが、
でも結局楽しかったと思ってます。美味しいものたくさん食べれたし。
日本から大好きな友人が訪ねてきてウキウキしてます。
誰かと一緒なら、それなりの思い出ができるものです。

ちょっとだけクリスマスっぽい写真は撮りました。しょぼい。

PC170043.JPG  PC190048.JPG  PC250051.JPG
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン生活

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。