2005年09月11日

フィリピンのキュビズム

国際交流基金主催のシンポジウム「アジアのキュビスム」へ行ってきました。
現在国立近代美術館で開催中の「アジアのキュビズム」展に関連した企画です。

アジアの近代美術を話題にすることさえマニアックなのですが、
今回のテーマはアジア的キュビズム です。
当然日本でこのように議論されるのは初めての試みです。

欧米から西洋的「美術」を取り組むことで近代化をめざしてきたアジア諸国ですが、
ほとんどの国では、今日の視覚芸術のなかにキュビズム的な面影を見ることはできません。
キュビズムは、アジアにおいては時期的にも地域的にもかなり限定された影響しか与えませんでした。
フォーヴィズムやシュルレアリスムは、アジア各地の伝統的な美術とそれなりに重なる要素があったので深く根を下ろしましたが、キュビズムは一過性の現象に終わりました。
理念的にも様式的にもアジアの伝統の中に受け入れる余地のない、完全なる他者の文化でしかなかったのです、フィリピンを除いては。

フィリピンは、他のアジア諸国(今回発表されたのは日本、韓国、中国、シンガポール、インドネシア、フィリピン、インド、メキシコの事例)とは大きく異なり、キュビズム的絵画が今日でもモダンアートとして存続しています。
太平洋戦争前までは前衛として、
戦後は社会的リアリスムとして、
マルコス政権時代はプロパガンダの形式として、
そして90年代以降はマビニに代表されるコマーシャル・アートとして
常にフィリピンの視覚芸術のメイン・ストリームであり続けてきました。
・・・とまあこんなこと詳しく知りたい方はいないと思うので割愛。
とにかく、フィリピンのキュビズムは、良くも悪くも「モダン・アート」だと私は考えます。

そういう他とは異なる複雑なキュビズム史があるフィリピンは、2日間の議論で頻繁に話題に出ました。
それだけで私はうれしかったです。正直ホッとしました。
フィリピン・アートは別につまらなくないんだ、よかった・・・と。
国内外からやって来た頭のいい先生たちが真剣にフィリピン美術を評価しているなんて!
アドレナリン大放出!


展覧会へはまだ行ってないんだよなあ。
誰か興味ある人いますか?タダ券があるんですよ。
ああ時間が欲しい・・・。
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(5) | ART
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6960426


Excerpt: キュビスムキュビズムは、ポール・セザンヌ|セザンヌの影響を受け、20世紀初頭に、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックが創始した、視覚上の革命的な美術動向。それまで絵画は一箇所の視点から描かれていたのに..
Weblog: デザイン用語【か〜た行】
Tracked: 2007-10-05 14:32

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 15:33

あっちーーーー!!!!!!
Excerpt: 人生初のSМやっちゃいましたw つってもプチSМですが(^−^; 僕は痛いの嫌いなのでS役。 М女をたっぷり調教してやりましたよw しゃぶらせながらムチでビシビシするのは何とも言えない快感でした・・・..
Weblog: まあむ
Tracked: 2008-09-23 06:27

びひゃあぁぁぁぁぁい!
Excerpt: こないだ女にロー夕ーと電マ持って来させてマムコを集中攻撃したよ(`・ω・´) スゲエ声でアンアン言いまくって、もの凄い勢いで9マソくれたよwwwwww 寝て稼ぐのもいいけど、たまには攻めるのもアリだよ..
Weblog: コンプ
Tracked: 2008-10-04 19:23

試写室にてwww
Excerpt: お互い家でするのは嫌だし、ホテルってベタだし・・・試写室でヤってきたww スリルあるし密室感あるし普通よりスンゲー興奮したwwwwww 女もスゲエ濡れ濡れで何回もイってたしw おかげで10マソも貰えた..
Weblog: 暴走
Tracked: 2008-10-25 04:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。