2007年07月10日

初パヤタス

パヤタスに取材に行きました。(パヤタスの詳細はこちらなどで)
フィリピン歴2年半にして初めて足を踏み入れました。正直面倒臭くて行きたいとは思わなかった。
ごみ集積場で発生するメタンガスを利用した発電施設建設の計画があり、今日起工式がありました。

トンドやチャイナタウン以上に怖くて汚いところだと想像していたけど、思ってたほど恐ろしい場所ではなかったです。コミュニティ内は車で通っただけだからリアリティを感じなかったのかもしれないけど。

ゴミ100%の山を想像していたけど、今は山のほとんどが普通の埋立地みたいでした。関係者に「で、ごみ山はどこですか?」と聞いたら、「ここだよ、ここ!」と言われて初めて気付いたくらい。

payatas 024.jpg

あれ〜と拍子抜けしつつ山の反対側のほうへ行ったら、突然大量のハエと毛虫とウンコがゴロゴロ出てきて、見覚えのあるあの光景が広がっていました。たった数十メートルで別世界。聞いてはいたけど本当に強烈な悪臭です。雨上がりだったからなおさら。

工事現場のおじさんの話によると、今パヤタスにある2つのごみ山を埋め立てているところで、作業が完了したらごみ集積場を完全閉鎖する予定らしい。次の集積場は決まっていないとのこと。ごみ拾いで生計を立てているスカベンジャーの人たちはどこへ流れていくんでしょうか。

自分はボランティアやNGO活動に興味がない人間ですが、実際に行って見てしまうとやっぱりショックです。なにもできないけど、幸せになってほしいなあと思います・・・偽善ぽいな・・。

今日は2000年7月10日に起きたパヤタスごみ山崩落事故の7回忌でした。

posted by greenmanga at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | フィリピン生活
この記事へのコメント
すいません。↑HN間違えました。はははは
Posted by pangga at 2007年07月11日 09:44
>スカベンジャーの人たちはどこへ流れていくんでしょうか。

そうですね♪メタンガスの利用は良しとして金属ゴミから金属を振り分け再利用のルートに乗せてる彼の仕事もうまく継続させて欲しいもんです。究極の人海戦術リサイクルですもんね♪

>なにもできないけど、幸せになってほしいなあと思います

それが一番現実味があります。
生態系をいたずらに(一時的に)崩すような活動は断じて慎むべきだと思ってます。
ちょっかいだしたいなら場所の生態系を変えるくらいやらないと・・・
そのためには長い時がかかりますね

現在パラニャーケにあらたなスモーキーマウンテンが誕生しつつあります。
その山の上に竹製の50m級ミサイルのオブジャをつくるプロジェクトを考えています。
どなたか賛同者はいないでしょうか。。。

Posted by ばぶ at 2007年07月11日 09:47
>その山の上に竹製の50m級ミサイルのオブジャをつくるプロジェクトを考えています。

おもしろそうですねー。
ぜひ見てみたいです。
Posted by greenmanga at 2007年07月16日 00:31
そのロケットは完成後、住民によって壊され売られたり、自分の家に使われたりする運命をたどります。材料を積んでおいたら一晩で持っていかれる可能性のほうが高いかもしれませんね・・・・それ自体がパフォーマンスですね
Posted by pangga at 2007年07月17日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。