2007年11月29日

恒例のクーデター騒ぎ

またまたマニラで事件発生です。今度は反アロヨ派の国軍によるクーデター騒ぎ。
おかげで今夜12時から朝の5時までマニラ首都圏全域に外出禁止令が発令されました。せっかくの休みの夜なのにお店が全部閉まってて迷惑です。

反アロヨ政権の急先鋒トリリヤネス上院議員が、以前に起こしたクーデター未遂罪の公判中に裁判所を脱出、彼の支持者や国軍将校らと共にマカティの高級ホテルに立て籠もり、アロヨの辞任要求と反アロヨ勢力による新政権樹立を宣言しました。
結局、数時間後に国家警察がホテル内に催涙ガスをぶち込み、首謀者である同議員は「犠牲者を出すわけにはいかない」とアッサリと投降。共に立て籠もっていたギンゴナ元副大統領やダニー・リム将軍らと逮捕されました。
とまあこんなのはフィリピンで年に1回は発生するよくあるクーデター未遂です。

いつも自分が仕事休みの日に限ってこういう事件が起きている気がする。家でテレビを見ているだけのもどかしさにイライラします。
テレビを見てて面白かったのは、マスコミが立てこもり現場のホテル内で待機して、生中継をしていたこと。宿泊客やホテル関係者はとっくに外に避難していたのに、100人以上の取材関係者が普通にホテル内でくつろいでました。
そこでかっこよかったのがニュースキャスターのセス・ドリロン。最大手ABS-CBNのアンカー・ウーマンです。今日は休みの日だったのか、スッピンとカジュアルな服装のまま取材陣の最前列に立ち、代表者としてクーデター関係者に次々と質問してました。催涙ガスが投げ込まれ、みんなが顔や口をふさいで何もできなくなっている状況でも、目を潤ませながらいつも通りにインタビューを続行。彼女のプロ根性に感服しました。
実はセスさんとは友人を通じた知り合いで何度かお会いしたことあり、以前からカッコいい女性だなーと憧れてたのですが、今日の中継でさらに憧れ度アップ。あんなテレビドラマみたいなジャーナリストになってみたいです。

あと、ホテルに篭っていたマスコミ陣が、「現場にいた人間全員が容疑者の対象になる」という警察の判断で重要参考人として連行され、取調べを受けたみたいです。「はあ??」という感じでみんな激怒してました。元々この国のマスコミは、日本より反政府思想が強い傾向がありますが、今回の件で完璧に敵に回しましたね。

やっぱり自分も現場に行って仕事したいなー
何もできない新人のぼやきですが。
posted by greenmanga at 23:33 | Comment(25) | TrackBack(0) | フィリピン生活

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。