2006年08月28日

一時帰国:渋谷原宿

11日間の日本滞在も残り2日となり、東京へ戻る。
お散歩したいねえ〜ということで友人と原宿へ行きました。
日本を出る前にもう一度日本を実感できるところへ行っておきたかった。東京に住んでる人にとっては何でもない普通の一日が、私はすごく恋しかった。行ってよかった。

原宿駅へ着く。
外国人の陰からこっそり写真を撮る。これがHARAJUKUだぜ。
日本ておもしろいよなあ〜。

P4300016.JPG  P4300018.JPG

まず明治神宮。
ちょっと汗ばむぐらいに日差しが強い春の日で、新緑の木陰はひんやりと気持ちいい。じゃりじゃりの砂利道も気持ちいい。マイナスイオンで体を満たす。

P4300019.JPG  P4300021.JPG  

P4300025.JPG  P4300027.JPG

そして代々木公園でお散歩
愛犬とフリスビーとか、サークルのピクニックとか、半裸の外国人とか
はあ〜いいねえ〜 日本は平和だねえ〜 落ち着くねえ〜
25歳、こんなんでよいのだろうか!

P4300028.JPG  P4300030.JPG

とりあえず表参道にも行っておこうということで、
遅ればせながら表参道ヒルズへ行ってみた。そして一瞬で外に出てしまった。
まあ行かずとも分かるんだけども、自分には敷居の高い世界でした。
外から眺めているぐらいが身の丈に合っているんだな。

P4300040.JPG  

っていうかこんなのがトイレ!?綺麗!
感激して速攻で写真を撮りました。もう完全にアジア系外国人旅行者の側にいる自分。

P4300042.JPG

最後に渋谷のスクランブルを撮っておく。スーパーテレビ風。
フィリピン人の友人で、酔っ払うとその辺の物を破壊したり小便したりするちょっと危険な人がいるのですが、「渋谷はすげー怖いところだった」といつも言います。(かわいい) 小さな隙間をあんな速さでスイスイ移動する人たちが信じられないって。のろのろ横並びで歩くマニラのほうが私は疲れる。

P4300045.JPG  P4300047.JPG  P4300049.JPG

さようなら東京〜 ううう(泣
posted by greenmanga at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日本

2006年08月27日

一時帰国:結婚式

P4290007.JPG

今回日本へ帰国したのは、高校時代の友人の結婚式がきっかけ。

純白のドレスとか、誓いの言葉とか、スポットライトとか、手紙とか
花嫁姿の同級生はやっぱり綺麗でした。親戚の結婚式とは違って、一緒に遊んできた友達の結婚式は、色んなことを思い出してかなり感情移入してしまいます。「うわ〜いいなあ〜結婚したいなあ〜」という自分と、「いやいやダメダメ!自分にはまだ早い!」という自分との戦いでした。

他の同級生との爽やかな再会を予期していたのですが、話題は終始「彼氏いるの!?」「結婚するの!?」 25、6歳の女7が7人集まるとこうなるんですかね。なかなかエグい感じでおもしろかったです。

これからは結婚式に行ったら、いや結婚式じゃなくても、こういうネタで何杯でもお酒を飲むようになるんだろう。自分がもう25だとか、きっとこのままコタツで孤独死だ・・・とかよりも、こういう話で本気で盛り上がる年齢になってしまったことのほうがリアルな老いを感じてショックでした。女って、こういう話をしてオバサンに近づいていくんだと自分で思い込んでいるのかもしれません。

「多感な10代」とはよく聞くけれど、20代もいろんな思いが日々めぐり回る不安定な年頃なんだなあと思います。私だけかもしれませんが。





posted by greenmanga at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日本

2006年08月09日

一時帰国:京都編

11日間の日本滞在でしたが、私にしてはかなり活動的なスケジュールでした。
長野、東京、横浜、鎌倉、そして関西にも行ってしまった。とは言っても基本的に食べる、飲む、夜は漫画喫茶の繰り返しで、いつもと変わりない生活でした。いろんな家を放浪してたから、あんなに楽しみにしていた湯船にはほとんど浸かることがなかったなあ。

弟、妹、母親との親子4人で京都・大阪へ行ってきました。
私は高校の修学旅行以来の関西です。学生時代の友人が多数大阪周辺に住んでいることもあり、かなり楽しみでした。でもやっぱり1泊2日ではどうがんばっても時間が足りなかったー。

P4260037.JPG

  とりあえず関西だからお好み焼。でもまだ京都駅。

大阪に住む妹の案内を期待して京都の寺めぐりを予定していたのですが、まったく頼りにならないナビだったため親子4人で京都駅周辺をぐるぐるぐるぐる。結局行けたのは金閣寺と龍安寺というベタな修学旅行になりました。でもまあ、この歳になって親子で小旅行したのは結構貴重な思い出になったと思います。(この小旅行に行く行かないで、私は更年期真っ只中の母親と大口論。大人気なかったと後になって反省。)
P4260041.JPG

 京都の街中で「ここどこ〜?!」と迷っているうちに、錦市場という通りに着きました。
 小奇麗な市場。庶民の市場というより観光名所でしょうか。




P4260042.JPG P4260043.JPG P4260044.JPG P4260046.JPG P4260047.JPG P4260048.JPG P4260049.JPG P4260050.JPG

P4260053.JPG
ああ なんとおあつらえ向きな。
着いて、一目見て、写真をとりあえず撮っておく。
虚しい・・・。




龍安寺の石庭。特にテツガクするわけでもなく、とりあえず写真を撮る。
「やっぱり双子なのね〜」と2人の写真を隠し撮る、姉らしい一面もチラリ。

P4260076.JPG P4260078.JPG P4260079.JPG

こういう古い木造建物のピカピカの床の木目が好き。歩くとキュッキュッと鳴るのが心地よい。

P4260090.JPG こんな家で余生を過ごしたいなあ。


posted by greenmanga at 03:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日本

一時帰国:お花見編

P4250011.JPG

なぜ、3ヶ月ぶりに突然ブログを更新し始めたかというと、遂にデジカメが壊れてしまったからです。とても悲しい。日本で1年、この埃だらけのマニラで2年ももったんだから、まあよくがんばってくれたと思う。

そんなわけで、PCに撮り溜めしてある写真をとりあえず全部ブログにアップすることにしました。いくらしょうもない写真ばかりとはいえ、遺作となった画像をザックリ削除してしまうのは少々心惜しい気がして。
マイ・デジカメに哀悼の意を込めて。

さて今回は、4月の末に日本へ一時帰国したときの写真です。
10日余りのあっという間の滞在でしたが本当に楽しかった!
でも涙腺が決壊しそうで身が持たないので、次の帰国は当分先にしようと思いました。
矛盾してるけど、やっぱり日本が一番好きです!

P4250015.JPG

まずは地元の桜の写真。
長野は関東より半月ほど桜前線が遅いので、4月末がちょうど満開の時期でした。綺麗でしょう?まんま、花咲かじいさんの世界です。自分は小さい頃毎年見ていたはずなのに「地球にはこんな美しい世界があるんだなあ」と今更ながら感動してしまいました。


P4250016.JPG P4250020.JPG P4250024.JPG 
posted by greenmanga at 03:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本

2006年08月08日

"TACTICS" Future Prospects

tactics.jpg

"TACTICS"
A Group Show
April 8-15, 2006
@ Future Prospects Art Gallery

今回来たニューヨークアーティストとFuture Prospectsで活動するクバオアーティストのコラボレーションの展示です。作品計画から完成までたった一晩というところが、なんともフィリピンであります。
展示フロアの壁一面にマジックでドローイングしてありました。ライブでやったらもっと面白かったかも。

P4090065.JPG P4090054.JPG P4090058.JPG P4090059.JPG P4090061.JPG P4090072.JPG P4090073.JPG P4090076.JPG P4090077.JPG 

posted by greenmanga at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展示オープニング

new york/cubao/april @Barewall Gallery

P4050039.JPG

new york/cubao/april
@Barewall Gallery
Apr.4-Apr.13, 2006

ニューヨークから若手アーティストたちがやってきました。
基本的に絵を描く人たちらしいですが、ジャズバンドもやっているようで、メンバーの一人であるフィリピン出身のアーティストのつながりで初渡比ということになったようです。
どういう始まりなのか忘れてしまったのですが、映画監督を目指して映像関係の仕事をしているJun Sabaytonが彼らと知り合い、「せっかくだから何か面白いことしないと!」という、いかにも彼らしい発想で写真展が企画されました。
「ニューヨーク」、「クバオ」、「4月」のいずれかをテーマにした写真を撮ろうという彼の誘いで、100人近くのフィリピン人が参加することに。知らない間に私の名前も参加者一覧にあり・・・。
初めに断っておきますが、私は特に写真好きでもなんでもないズブのド素人です。空気読めよって自分でも思ったんですけど、結局参加しちゃいました☆ ほんとうに何も分からなくて、ばっくれようかと何度も思ったけど、まあ凡人なりに楽しかったです。

以下、そんな恥ずかしい写真を公開。

flirt3.JPG  test.JPG  P3310039.JPG
posted by greenmanga at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展示オープニング

BADTASTE/Louie Cordero

BADTASTE
Louie Cordero

P3210217.JPG

Mar.21-Apr.08, 2006
WEST GALLERY

私のお気に入りの若手作家さん。
すごく真面目で、優秀で、ナイーブな画家です。
ウンコの漫画を自費製作したり、おもちゃを作ったり、インディーズバンドのPVを手がけたりもしていますが、いちおう絵画制作が本業の画家さんです。本人は飽きてきたと言っているけど、私は彼の絵画作品が一番好きです。マニラで活動する若手作家のなかで今一番人気の(高く売れる)作家じゃないでしょうか。
彼は頻繁にウンコ、内臓、脳ミソなどのグロテスクなものを作品に用います。それらがなぞる曲線は、グロなのに、醜いものなのに親しみを感じる。文字通り肉体をえぐり出されるような、自分の汚いものをグニャリと暴かれたような感覚。人間のやらしい部分を一目で見ることができて楽しい、というか。そういう意味でコミックっぽいかもしれない。

今年は秋からオースティン、NYCなどで個展だそうです。毎年NYCやLAあたりで個展をやるようになってきました。数年前に福岡でグループ展に参加したこともあります。
今後の活躍に超期待の28歳。


P3210221.JPG  P3210223.JPG  P3210227.JPG

P3210238.JPG
(作家本人の希望により 2006 Mar)
posted by greenmanga at 04:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 展示オープニング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。